仙台経営.com仙台経営サポート50社の信頼と実績坪内経営法務事務所

仙台市青葉区の行政書士事務所。心のツボを押します。ツボ内啓行政書士事務所

[0]メニュー
ホーム

成年後見制度を利用したいのですが、どのような流れになりますか?

一、申立て

 (1)申立て

  ・申し立てできる人

   支援を受けるご本人、配偶者、4親等内の親族区市町村長、任意後見人。

  ・成年後見人になれる人

   法律で定める事項に当てはまらない限り、成人であれば誰でもなることができます。

   また、弁護士・司法書士・等の専門家になってもらうことも可能です。

 

 (2)申立先となる家庭裁判所

   支援を受けるご本人の居住地の家庭裁判所に申し立てます。

 

 (3)成年後見用診断書

   成年後見申立のため、医師による診断を受け、診断書を作成してもらいます。

   費用は3,000円〜10,000円程度。

 

 (4)照会書

   申立後、親族の意向を確認するため、家庭裁判所から本人の親族に対し照会書が送付されます。

二、調査・審問

申立人、及び成年後見人候補者から、申立に関する詳しい事情を確認します。また、本人に面接指定しや同意の有無を確認したり、生活状況などの調査をします。

本人が外出困難な場合は、家裁の担当者が本人のところに来てくれます。

三、鑑定

「後見」「保佐」の申立をする場合には、本人の判断能力や障害の程度を判断するために、医師による鑑定が必要になります。

四、審判判定・法定後見の開始時期

審判所の受領後、2週間以内に異議申し立てがなかった場合には審判が確定します。

また、確定後10日間で仙法務局より登記事項記載証明書が発行され、その時点から法定後見が開始します。

五、申立ての期間

場合にもよりますが、1〜2ヶ月程度かかります。


[2]HOME
[3]プロフィール
[4]業務内容
[5]お客様の声
[6]よくある質問
[7]専門家リンク
[8]問い合わせ


[1]Top