仙台経営.com仙台経営サポート50社の信頼と実績坪内経営法務事務所

仙台市青葉区の行政書士事務所。心のツボを押します。ツボ内啓行政書士事務所

[0]メニュー
ホーム

成年後見制度とは何ですか?

一、1、成年後見制度は、認知症やアルツハイマー、知的障害、精神障害などで判断能力が低下した人のために、家庭裁判所の手続きを通じて援助する人(成年後見人等)を選任し、御本人の権利を保護しようとする制度です。 
成年後見制度には、家庭裁判所の審判を経る法定後見とそれ以外の任意後見があります。


法定後見は、御本人の判断能力の程度により、後見、保佐、補助と分かれます。
後見とは、精神上の障害により判断能力を常に欠く状態にある場合です。
保佐とは、精神上の障害により判断能力が著しく不十分な場合です。例えば、簡単な意思疎通が図ることができるなら、保佐となります。さらに、補助とは、精神上の障害により判断能力が不十分な場合をいいます。
 これに対し、任意後見は、判断能力はあるが,将来の判断能力が不十分な状態に備えて後見事務の内容と後見をする人を決めておきたい場合に活用します。

 

2、成年後見人等の仕事は、本人に代わり、不動産や預貯金などの財産を管理したり、介護サービス等の申し込みをしたり、病院・施設等への入院・入所に関する契約を結んだりすることです。

二、これに対し、介護そのものや日常生活の世話などの行為は,成年後見人等の職務には含まれません。
成年後見制度の趣旨は、「自己決定権の尊重」や「ノーマライゼーション」(障害のある人も家庭や地域で通常の生活をすることができるような社会を作るという理念)にあります。

 

したがって、成年後見制度を利用することになっても、本人の障害の程度によって自分でできる部分はなるべく自分で行えるように制度としてサポートするよう努めるようになっています。


[2]HOME
[3]プロフィール
[4]業務内容
[5]お客様の声
[6]よくある質問
[7]専門家リンク
[8]問い合わせ


[1]Top